LINK
外国為替市場としての外国為替証拠金取引(FX)を考えていきます。FXでは、二種類の貨幣を取引することによりそれら通貨の差額を得るとの方策なのです。こういった二種類の貨幣の間で出る差益の金額をスワップ金利と呼びます。このスワップ金利とは、正確にはスワップポイントと呼ばれているそうです。外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)というのは、日ごとにもらう事ができますがしかし相場の変動次第で違ってくるようです。こんな風にFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)で儲けることを目的に、FX(外国為替証拠金取引)のトレードをする人々もいるみたいです。スワップ金利はFX業者によって違いがあるためできるだけスワップポイントが高い取引業者でやり取りしたいですね。しかしながらスワップ金利は為替レートが変わることで一緒に動いてしまうので気をつけましょう。併せて為替取引を行う時はグラフを読むのが欠かす事ができなくなります。グラフを読む事で、為替の相場の流れをつかむ事が可能となると言われます。外国為替取引初心者が見たならば、何の為のチャート?などと疑問に思えるでしょうが要所を覚えておくことで図の読み取りが可能になるらしいです。このタイミングで日本円が上がる又は下がる等、今が一番円安になるだろうとこの図表を見る事で判定が可能になり、為替トレードをやるために非常に大切な情報となります。チャートは、日本の中ではローソク足(陰陽足)が使われていて名前のままローソクの形をしたチャートで表現されているのです。そのローソク足により、高値と安値また終値とか始値を表現されていて図ではいろいろな形になって行くのです。